コスパ良好! 駅近、大浴場・無料朝食ありのABホテル深谷に泊まってきた

ABホテル深谷に泊まってきました。

東京駅から深谷駅までは約1時間30分。

こちらの記事では「ABホテル深谷」への行き方、詳細などについて紹介していきます。

 

 

ABホテル深谷

 

  • 2014年6月17日にオープンした比較的新しいホテル

 

ABホテル深谷へのアクセス

 

  •  深谷駅から徒歩2分

 

 

ABホテル深谷の詳細

 

室内

f:id:shirahashi0531:20180626235533j:plain

 

15時ちょっと過ぎにチェックイン。

ホテル側の部屋割りの都合で、追加料金なしにツインの部屋にしていただきました。

部屋が広くなって嬉しい。

2台のベッドがぴったりくっ付いていて、思わずダイブしたくなります。

ベッドカバーはデュベスタイル。

ナイトウェアは、ニップルっぽい素材の作務衣。

室内の照明は明るめ。

 

大浴場

  • 利用時間 16:00~24:00、6:30~9:00

女性はフロントで渡される紙に書いてある暗証番号を入力して鍵を開けるタイプ。

脱衣所は狭く、中にトイレはありません。

大浴場もそれほど広くはなく、カランの数が4つくらい。

誰もいない時に入れれば、ゆったり足を伸ばせて気持ちいいです。

敷いてあるマットレスは交換されないようで、朝一番に行ったら水浸しでした。

それでも大浴場に近い部屋だったので、夜と朝で3、4回は入りました。

 

朝食

  • 利用時間 6:30~9:00

朝食は無料です。

遅い時間は混み合うとのことで、早めの利用を推奨していました。

そのせいなのか、これからもっと混むのか、7時頃に行ったらそこそこ席が埋まっていました。

焼きそば、たまご焼き、肉団子、ウインナーなど、種類は豊富。

たまごがけご飯にして食べました。

コーヒーのお持ち帰り用カップもあります。

 

エレベーター

エレベーターが1台しかなく、食事後部屋に戻る時は結構待ちました。

10時近くまで部屋でまったりしてからチェックアウト。

フロント横にある機械にカードキーを差し込めば終了です。

 

ABホテル深谷まとめ

一言でいうと「普通」のホテルです。

しかしよく考えると、

不満な点:大浴場のマットレスをせめて朝一には交換してほしい

満足な点:ベッドがデュベスタイル

     部屋の照明が明るい

     大浴場がある

     無料の朝食バイキングがついている

     土曜日でも5,000円以下

と、私が求めるものを大体揃えている、とってもいいホテルだったということに気が付きます。

ABホテル深谷に泊まろうと思っている方、深谷駅周辺のホテルを探している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね~。

 

 

ABホテル深谷の基本情報

 

名称 ABホテル深谷
住所 〒366-0824 埼玉県深谷市西島町2-11-3
TEL 048-573-1005
チェックイン 15:00 (最終チェックイン:24:00)
チェックアウト 10:00
アメニティ シャンプー・トリートメント、ボディソープ、フェイス & ハンドソープ、ヘアーブラシ、ボディスポンジ、綿棒、歯みがきセット、カミソリ、緑茶
駐車場 あり 500円 ※先着順・予約不可・途中出庫不可
交通機関 JR深谷駅より徒歩2分
キャンセルポリシー 当日 :宿泊料金の100%
前日 :宿泊料金の30% 
HP http://www.ab-hotel.jp/fukaya/